MENU
月1万円稼ぐためのロードマップはこちらから

【必見】育休中は旦那の給料じゃ足りないママが知るべきお金のやりくり術

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • 育休中って旦那の給料だけじゃ足りなくない?
  • 育児しながらお金を稼ぐ方法ってある?
  • 育休中のお金のやりくりの方法について知りたい!

といった悩みを解決していきます!

この記事を書いた人
  1. ブログ+NFTで月6桁
  2. 2ブログ運営中
  3. 4年目ブロガー
  4. 月1万円稼げる
    ブログノウハウ発信

オノディー
@onodblogです!

 ⇨月1万円稼ぐロードマップはこちら

育休中の皆さん!育児って本当に大変ですよね。

でも、もっと大変なのが、育休中の家計管理かもしれません。

特に、「旦那さんの給料だけで本当にやっていけるの?」という不安、ありますよね。

この記事では、そんなあなたの不安を解消するために、育休中の生活費不足を解決するための具体的なアイデアをご紹介します。

この記事を読んで、一緒に育休中のお金の問題を乗り越えていきましょう!

目次

育休中は旦那の給料だけじゃ足りない?

育休中、旦那さんの給料だけでは家計が心配になることがよくあります。

特に初めての育休では、予想外の出費に驚くことも。

ここでは、育休中に実際にかかる費用と、先輩ママたちの体験談をご紹介します。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

知っておけば、予算計画も立てやすくなりますよ!

育休中に実際かかる費用は結構高い

育休中の費用は意外と高額です。

例えば、赤ちゃんのお世話に必要なミルクやおむつ、衣類、ベビーカーなどがあります。

また、赤ちゃんの成長に合わせて、おもちゃや育児グッズの購入も必要になるでしょう。

これらのアイテムは、コストがかかるものが多いんです。
赤ちゃんのためだからとついつい使いすぎちゃいますよね!

さらに、予防接種や健診などの医療費も考慮する必要があります。

さらに、育休中は家にいる時間が長くなり、水道光熱費などの家計費も増加する傾向にあります。

先輩ママたちの声を聞いてみた

先輩ママたちの体験談は、育休中の家計管理にとても役立ちます。

多くのママが言うのは「想像以上にお金がかかった」ということ。

特に、急な出費や子供の急な体調不良による医療費は、計画していても足りないことが多いです。

あるママは、急な病院代で貯金を切り崩したと話していました。

しかし、上手に節約や副業を活用することで、このような状況を乗り越えることができるとも伝えています。

育休中にもらえるお金「手当金・給付金」

育休中、家計を支えるために活用できる「手当金・給付金」がいくつか存在します。

これらは、条件に当てはまると受け取ることができるので、しっかりチェックしておきましょう。

育休中にもらえるお金は、主に以下の3つです。

  • 出産手当金
  • 育児給付金
  • 児童(子ども)手当

それぞれの詳細を見ていきましょう!

1.出産手当金

出産手当金は、出産によって働けなくなった女性に支給される手当です。

対象は、勤務先の健康保険に加入している女性に限られます。

自営業者や国民健康保険加入者は対象外なので注意してください。

手当の申請は、出産後に医師の証明が必要になります。

産後にすぐに申請することをお勧めしますよ!

支給額は、過去12ヶ月間の標準報酬月額の平均を基に計算されます。

出産手当金=支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30×2/3×産休日数

この手当は、申請後1~2ヶ月で受け取ることができるので、出産後の財政的なサポートとして大きな助けになります。

2.育児給付金

育児給付金は、育休を取ることで受けられる給付金です。

申請は勤務先を通じて行います。

この給付金は、育休を取得する前の6ヶ月の賃金を基に計算され、育休開始から180日目までは賃金の67%、181日目以降は50%が支給されます。

育児休業給付金の支給日数や条件に注意してください。

また、育休中の給付金は2ヶ月ごとに申請する必要があり、支給はその2ヶ月後になります。

計画的に申請し、資金繰りに備えましょう!

3.児童(子ども)手当

児童手当は、雇用形態に関係なく、3歳までの子ども1人につき月15,000円が支給されます。

この手当は役所への申請が必要です。

注意点として、この手当は毎月ではなく、年に3回(2月、6月、10月)にまとめて支給されます。

長期にわたる経済的な支援として、家計計画に役立ててくださいね!

育休中の家計管理と節約のポイント5つ

育休中は家計管理が一層重要になります。

ここでは、毎月の出費を抑えるための5つの節約ポイントをご紹介します。

これらの方法を取り入れることで、育休中の財政的なプレッシャーを軽減できるでしょう。

さあ、賢い節約術を見ていきましょう!

節約を実現する家計簿の活用法

家計簿を使った節約は、育休中の家計管理の基本です。

毎日の支出を記録することで、無駄遣いを見つけやすくなります。

家計簿アプリを使うと、もっと簡単に管理できますよ!

定期的に支出を見直し、必要ない出費は削減することが大切です。

家計簿を活用することで、どの項目にお金が多く使われているかが一目瞭然になります。

無駄な出費を見つけて、賢く節約しましょう!

固定費の見直しで毎月の出費を減らす

固定費の見直しも重要な節約ポイントです。

例えば、スマートフォンのプランや保険の内容を見直すことで、毎月の支出を減らすことができます。

年に一度は、固定費の見直しを行いましょう!

また、不要な定期購読サービスや会員制クラブへの加入は解約することで、余分な出費を削減できます。

固定費を見直すだけで、驚くほど節約できることがありますよ!

食費節約のための賢い買い物テクニック

食費は家計の大きな部分を占めるため、節約効果が高い領域です。

安い時にまとめ買いをする、季節の食材を選ぶ、割引されている商品を積極的に利用するなどが効果的です。

スーパーのチラシをチェックするのもいいですね!

また、無駄なく食材を使い切るために、献立を事前に計画することも大切です。

食材を上手に活用して、ムダをなくしましょう!

無駄遣いを防ぐ日々の小さな工夫

日々の小さな工夫も、積み重なれば大きな節約につながります。

例えば、不要なものは買わない、セールやクーポンを活用する、DIYで物を修理するなどの方法があります。

小さな節約も、習慣にすることが大事です!

また、衝動買いを避けるためには、買い物に行く前にリストを作成し、必要なものだけを購入するようにしましょう。

計画的な買い物で、無駄遣いを防ぎます!

光熱費を抑える簡単な省エネ方法

光熱費を節約するには、省エネの工夫が効果的です。

例えば、LED電球の使用、節水シャワーヘッドの導入、エアコンの適切な設定などがあります。

ちょっとした工夫で、光熱費を大幅に節約できますよ!

また、使わない電気製品のプラグを抜く、夜間の電気使用を控えるなどの日常的な工夫も大切です。

無駄な電気の使用を減らし、賢く節約しましょう!

育休中に家計を守る副業・在宅ワーク3選

育休中でも家計を支えることができる副業や在宅ワークは数多くあります。

特に時間の融通がきく在宅ワークは、子育て中のママやパパにとって最適です。

今回は、特におすすめの3つの在宅ワークをご紹介します。

これらの仕事なら、子育てと両立しながら収入を得ることが可能です!

Webライター

まずは、クラウドソーシングでWebライターとして副業をする方法です。

これ、在宅でできる副業の中でも特に人気なんですよ。

クラウドソーシングサイトには、文章を書く仕事がたくさんあります。

ブログ記事、商品レビュー、ウェブコンテンツの執筆など、多岐にわたります。

育児の合間にPCやスマホを使って、自分の得意分野や興味のあるトピックについて書くことができるんです。

これなら、育児をしながらでも、自分のペースで仕事を進められますよ!

クラウドワークスを始めるなら以下の記事も参考になるので、ぜひ読んでみてくださいね!

ブログアフィリエイト

次に、ブログアフィリエイトです。

これは、自分のブログに広告を掲載し、その広告から収益を得る方法です。

自分の好きなテーマでブログを作成し、読者に役立つ情報を提供しながら、広告収入を得ることができます。

特に、育児や子育ての経験を活かしたブログは、多くの読者の共感を呼び、高い収益を期待できます。

ブログを育てる楽しさと、収入を得る喜びを同時に味わえる、まさに一石二鳥の副業ですよ!

ブログを1から始めて月1万円稼ぐ方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

インスタグラム運用

最後に、インスタグラムで広告収入を得る方法をご紹介します。

インスタグラムは、写真や動画を投稿するSNSですが、フォロワーが増えれば、企業からの広告依頼が来ることもあります。

特に、育児やライフスタイルに関連する商品のPRには、若いママたちのアカウントが重宝されます。

趣味の写真を投稿しながら、広告収入を得ることができるので、楽しみながら収益化できる素敵な副業です。

育休後の安心を築くための準備

育休後の生活、ちょっぴり不安に感じることもあるかもしれませんね。

でも大丈夫、今からしっかりと準備をしておけば、安心して育休を終えることができますよ!

育休後の安定した生活を送るための重要な準備について、一緒に考えてみましょう。

育休後の家計計画と貯金の重要性

まずは、育休後の家計計画と貯金の重要性についてお話しましょう。

育休中は収入が減少するため、貯金の重要性が高まります。

育休中に使う貯金を計画的に準備することで、金銭的なストレスを減らすことができますよ。

また、育休後は家計が変化するため、再就職後の収入と支出を見直し、新たな家計計画を立てることが大切です。

育休中にしっかりと計画を立てておけば、職場復帰後もスムーズに家計を管理することができますよ。

職場復帰に向けての心構えと準備

次に、職場復帰に向けた心構えと準備です。

育休を終えて職場に戻る際は、心理的な準備がとても大切。

特に、育休前とは異なる環境や役割に直面することもありますので、柔軟な姿勢を持つことが重要です。

また、仕事と育児の両立をスムーズに行うためには、職場の同僚や上司とのコミュニケーションを積極的に行い、必要なサポートを事前に確認しておくことも大切です。

復職前には、保育園などの育児サポート体制もしっかりと確認しておきましょう。

子育てと仕事のバランスの取り方

最後に、子育てと仕事のバランスの取り方についてです。

これは多くの働く親が直面する課題ですね。

バランスを取るためには、まずは自分自身の時間管理をしっかりと行うことが重要です。

また、家族やパートナーとの協力も欠かせません。

仕事と家庭の責任を分担し、互いにサポートし合うことで、育児も仕事も充実させることができます。

さらに、時には自分自身のための時間を確保し、リフレッシュすることも大切です。

育児と仕事の両立は大変ですが、計画的に取り組めば、充実した毎日を送ることができますよ!

まとめ|育休中旦那の給料だけで足りないなら工夫すべし!

今回は、育休中に旦那の給料だけでは生活が難しいという状況と、その解決策について詳しく解説しました。

育休中に旦那の給料だけで生活することが難しいなら、結論「副業を始めること」がおすすめです!

今回紹介した副業で気になるものがあればぜひチャレンジしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

気軽にコメントしてね!

コメントする

目次